TF

創作物語 ThunderForce forever

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |

UnrealEngineを学ぶ…

Radeon5770を7年前のMacPro(2008)に刺して使っていたのですが、さすがに古いため、UnrealEngine4推奨環境の半分しか満たせず、ついでにメモリも4G死亡…。なんとかギリギリ8Gは保ってますが、DVDドライブも死亡…。

調べましたら、Windows用のGTX680でも動作するということで購入してみました。でもこのGPUも3年くらい前の古い奴のため中古ですね…自分がいかに前に進んでいなかったか体感です。ごめんなさい。でも、GPUは無事起動しUnrealEngineも以前より軽快になりました。
GTX680
UnrealEngine4(現在動作バージョンは、4.7.4)の一番の困っているところ(バグ?)は、アップルメニューから「名前を付けて保存…」って選択すると100%落ちるところです。正直、勉強している途中に保存で落ちるってのは困ります…。

いろいろ調べて試した結果、とりあえず、「command+s」で落ちることはないので…

1.まず、オートセーブは怖いのでチェックを外しました。
2.新規レベルは、コンテンツブラウザから右クリックで作成して、半角英語で名前をつければ、保存で落ちることは少なくなりました(確実に落ちないわけじゃないです)。

ただ、これで作る新規レベルは、真っ暗のものでテストするには不向きです(土台と空を毎回用意すればいいのですが、毎回はさすがに面倒です…)。そこで、コンテンツブラウザの表示オプションから「エンジンのコンテンツを表示」にチェックを入れて、

/Engine/Maps/Templates/

ここに入っている「Entry」ってMapファイルが、Defaultで開くマップと同じみたいだったので、これを開きます。そして、「名前を付けて保存…」を選択して、自分の作業用フォルダに保存するとしました。このとき、やはり落ちといえば落ちることもありますが、なんとか落ちない割合が大きいかったです。

(そう考えますと、原因は、Defaultをはじめに開くと名前が「名称未設定」っていう2バイト文字が使われて、ワールドアウトライナーでの表記では、半角英語「Untitled」ってなっているところじゃないかな?って思いました。上記の方法だと、当然半角でEntryってなってます。)

しかし、根本的解決になっていないので、やはり2の手順で、空と土台を用意するのが、手間ですが一番安心ですね。この場合、コンテンツブラウザ内にファイルは見えてますので、名前を変えることもできますし、command+sで保存するだけですから、落ちることはないです。

空は、skyでモードを検索すると、とりあえず、BP_Sky_Sphereってアクタが出るので、これどビューにドラック&ドロップすれば明るくなります。
【2015/04/04 11:39】 進捗 | トラックバック(0) | コメント(0) |

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

▲TOP▲
Copyright © 2005-. Garow, Rights Reserved. Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。