TF

創作物語 ThunderForce forever

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |

年末年始の中で…その2

車1 風邪で熱を出し、うだうだといろいろ考える事ができたので、その続きです。
 自分が風邪をひいた事で、仕事納めがずれ込んでしまったのですが、なんとか済み、とりあえず、年末年始という休みに突入できました。しかし、休みになっても、忙しく、走りにいく事はあまり無かったなあと、先日点検を終えて奇麗になった自分の車を眺めると、寂しい想いが沸き上がります。


 年末の休みに入って、いろいろと作業や保留してきたゲーム、走らせたい車と、休日ライフを考えるんですが、散らかった仕事部屋の掃除や、自分、相方の両親(親族)との顔合わせが待っていたり、年越しの準備があったり、結局、仕事が待っているわけです。
 正月というと、のんびり休日を過ごせそうなイメージですが、つまり、そんなことはないんですね。なんというか、人付き合いというか、イベント付き合いも、大変な気がして成りません。

 話が脱線気味しました…。

 車の運転は、常に自己を向上させる試練として、とても良い材料のように感じてます。それは例え、いつもの街中の走っている瞬間瞬間に感じられる事だって思っています。もちろん、高原道路とか走って、ひとつひとつのコーナーを抜ける度に、車の挙動を感じて、安全にスピーディーに動き曲げるときの楽しさ、勉強には勝てないですが。
 そして、これは車の性能が、原始的といっては語弊がありますが、良い意味でリアルな車ほど、大切になってきます。僕は、好んで、そういう車を選んでたりします。車を操作する、運転するという楽しさは、そこにあるような気がするんです。まぁ、ただの車好きともいえます。
 もちろん、どんな車であっても、今起きている物事を理解し、次に起こりえる事態に対処できるよう、車の操作という形でそれを表現するということは、変わらないと思うんです。
 それが、走りにいけず、荷物と人を運ぶだけの運転に残された、最後の楽しみなんですよ。だから、家族が増えたりして、そっちの用途が多くなっても、それがより感じられる楽しい車を、所有し続けたいなあと思うわけです。
 …とは言っても、走らせることすらない状況じゃ、何を思っても、意味ないんですけどね…とほほ。

http://www.auto-web.co.jp/F1/column/testsound/index.html

 来期F1は、V8-2.4lのエンジン。その音が聴けるサイトがありました。とりあえず、これでと、慰めたりしてます。
【2005/12/29 09:29】 私生活 | トラックバック(0) | コメント(0) |

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

▲TOP▲
Copyright © 2005-. Garow, Rights Reserved. Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。